サイトメニュー

会社に行けなくなったら

悩む女性 うつ病で障害年金をもらうならば、診断書を正確に書いてくれるところを選びましょう。障害年金をもらう場合の準備として、自分がどの等級に当たるかを明確にしておく必要があります。強がりを言わずに、現在の自分の状況を医師にはっきりと伝えましょう。

詳しく見る

社会復帰に役立つ制度

悩む女性 障害年金は老齢年金同様に、保険料を納めていれば請求権利が発生します。うつ病の治療に専念したい、リハビリ出社や求職活動をしたいという場合など、お金を心配を軽減してくれるため、治療を継続しながら社会復帰を実現しやすくする制度でもあります。

詳しく見る

基礎知識を身につける

女性 うつ病になった場合には、障害年金をもらうことができますがこれは等級などによってもらえる金額がちがいますので、注意が必要です。障害年金を利用する目的ですが、会社に行けないけどもその代わりに生活ができる程度のお金をもらうことが目的です。

詳しく見る

家事や就労が難しいケース

女性

病気の症状が原因で日常生活に支障が出る

結婚や出産、転職、引越しなどの環境の変化や、大切な人との生死別などで、一時的に大きなストレスが掛かることもあります。過度なストレスを受けていると、うつ病を発症する可能性があります。精神神経科の病院やクリニックで、内服薬や精神療法などの治療を受けているけれど、症状が長引いているので悩んでいる人が少なくありません。日本年金機構の一定の基準を満たしていると、障害年金を受け取ることが出来ます。申請をすると受給できるわけではありません。医師の診断書や病歴、就労状態申告書などの書類の提出が必要です。障害年金は一級と2級、3級がありますが、お金が受給できるのは1級と2級になります。障害年金一級を受給するためには、日常生活に大きな支障をきたしており、洗面や入浴、食事なども介助が必要な状態です。2級の場合は日常生活は送れるけれど、家事を要領よくこなせなかったり、近所付き合いなど支障が出たりしている状態です。うつ病の症状が原因で、集団生活を送るのが難しかったり、就労が出来ない場合は2級になります。3級は日常生活やお金の管理、家事などは出来るけれど、長時間の勤務が出来ない場合は認定されることが多いです。うつ病の辛い症状がなかなか改善されず、経済的にも負担が大きくなっている場合は、障害年金の申請を検討してみると良いでしょう。個人で手続きをすることも出来ますが、時間が掛かることが多いため、信頼できる法律事務所のスタッフに相談をしてみると良いでしょう。事前に電話で申し込んでおくと、完全個室で相談が受けられます。

うつ病は代表的な精神疾患のひとつなので、誰でも罹る可能性のある病気です。脳の機能が低下するため、気力や意欲が減退したり、気分の落ち込みや記憶力の低下などが原因で、家事や仕事に支障をきたすことがあります。障害年金はうつ病などの精神疾患でも、受給の対象になっているので、法律事務所などで相談をしてみると良いでしょう。一級の場合は8万円程度になっており、2級の場合は6万円前後になっています。一定の基準を満たしている必要があるので、医師の診断書や病歴は必要になってきます。精神神経科の病院やクリニックに通院をしている人は、受付で相談をすると診断書を書いてもらえます。初めて病気を診断されたり、通院を始めたりしてから、1年6か月以上を過ぎると障害年金を受給できます。日本年金機構の基準に満たしている場合は、受給者証や障害者手帳を発行してもらえます。うつ病で長期の入院が必要だったり、就労が出来なくなると不安を感じている人がほとんどです。現代はストレス社会になっているため、以前に比べると精神疾患に罹る人が増加しています。日常生活を送ったり、身の回りや家事などは出来るけれど、就労に影響が出ている場合は、3級になることが多いです。障害年金3級の場合は、障害者手帳は発行してもらえます。精神神経科の病院やクリニックに通院をしている人は、病院の受付やケースワーカーに相談をしてみると良いでしょう。障害年金を受給することで、経済的な不安を軽減することが出来ます。国民年金や厚生年金に加入をしている人が対象になります。