サイトメニュー

会社に行けなくなったら

悩む女性

選ぶ基準や準備の基本

最近は、会社の環境など様々な影響でうつ病になる人が増えてきました。うつ病も軽度の場合ならばまだ会社に通うことができますが、ある程度重たくなってしまうと会社に通うことができなくなってしまいます。この場合、その会社の収入のみで生活しているのであれば、生活することができなくなるようなものです。もし、生活ができなくなるとわかれば、不安で仕方がないでしょう。ですが、日本で暮らしている日本国籍を持っているものは、憲法の最低限度の生活の規定がそのまま当てはまります。憲法は、国に対して国民が最低限度の生活を営めるように様々な法律や設備を整えなければならないとしています。そこで出来上がったものの1つが、障害年金の制度です。通常障害年金は、大きな怪我をして働くことができなくなった場合や病気により働くことができなくなった場合などに適用されるものです。ですが、最近はうつ病でも障害年金が適用されるとするのが一般的な見解です。もし障害基礎年金の認定を受けるなら、どの病院を選んだらよいか気になるところです。精神科ならばどこでも良いわけではなく、障害年金を貰うなら精神科の中でも比較的した診断書を作成してくれやすいところ選ぶべきです。障害年金を受給するためには、うつ病であることの診断書が必要になります。ただ、医者によっては診断書を書きたがらない所もあるため事前にチェックをしておきましょう。この場合には、口コミや評判などを参考にしながら自分の家の近くにある病院で診断書を書いてくれそうなところを選ぶべきです。それを選ぶことができれば、後は受給するまでもう1歩になります。

うつ病になった場合の障害年金を受け取る場合、準備としては診断書が必要ですが、そもそもどれぐらいの金額がもらえるかが気になるところでしょう。準備の段階で、自分がどの等級に該当するのかを知っておかなければいけません。まず、1級から3級までありますが1級ならば1番たくさんのお金をもらうことができます。逆に、3級の場合には障害基礎年金の場合はらえませんので、障害厚生年金等に該当している必要があります。医者に診断書を作ってもらう段階で、どれに該当するのかを明確にしなければいけませんが最終的には自分で決められるものではありません。ただ、明確に現在の状態をはっきり伝えるかそれとも曖昧に伝えるかによって等級が変わってくる可能性があります。日本人によくありがちなのは、精神的に無理そうなのに大丈夫ですと言ってしまう位です。医者も、その人の心の中までわかるとは限りません。そうすると、患者さんの大丈夫ですと言う言葉をそのまま受け取ってしまい、本来ならば1級程度の障害年金認定でも3級になってしまう可能性があります。このように考えると、どれだけ明確に相手に伝えたかが重要になるでしょう。ちなみに、1級に該当する場合とは一定の生活すらまともに営めない場合です。例えば、自宅にいる時うつ病の影響でベッドからなかなか起き上がることができないだけでなく、食事を作ったり買い物に行くことすらできない場合には1級に認定される可能性があります。日常的にそのような可能性がある場合には相手にどう思われるかを気にするのではなく、明確に伝えましょう。