サイトメニュー

基礎知識を身につける

女性

気をつけることや目的

うつ病になってしまうと、様々な問題点が出てきます。もし生活をするのは厳しいようならば、生活をしやすいように何らかの対策を立てなければいけません。例えば、会社に行けない場合がこれに該当します。会社に行くことは普通それほど難しいことではありませんが、うつ病になってしまうとなかなか行けないこともあるでしょう。このような場合には、当然お金が入ってきませんので年金を受け取ることにより生活をする以外にありません。この年金のことを、障害年金といます。では、障害年金を受け取る時にどのようなことを気をつけておいたらよいでしょうか。気をつけておきたいことの一つは、診断書を医者に書いてもらうことです。そもそも診断書がなければ、認定されることはありませんのでいつまでもお金をもらうことができません。診断書を書くのは通っているクリニックや大きな病院などの医者になります。ただ、医者の方も診断書を書く義務はあるもののなかなか忙しいですので断られてしまうことがあります。そこで、明確に症状を医者に伝えることが大事です。何となく控えめに伝えていると、本当に診断書が必要な状態なのか医者にも分かりにくいでしょう。次に、障害年金をもらうならばどのレベルのうつ病なのかを明確にしておかなければなりません。うつ病のレベルが高ければ高いほど、貰うお金は高くなるでしょう。例えば、一番重いレベルとして日常生活する営むことができなくなってしまった場合です。このような場合には、もらえる金額が通常よりも若干多くなると考えてよいです。これに対して、日常生活はなんとか営むことができるものの、仕事に行くことができないような状態の場合にはそれより下の等級になりますがお金をもらうことができます。

では、うつ病の場合医者を利用する目的とはいったいどのようなものでしょうか。その一つは治療になります。うつ病の治療といっても、障害年金をもらいながら続けていくものになるでしょう。なぜかといえば、障害年金は貰ったらそれでおしまいではなく、治すことが期待されているからです。もちろん治らない場合は別ですが、治せる場合には確実に治してほしいのでその代わり障害年金を出すといった仕組みです。そのため、少なくとも障害年金をもらっている間は何もせずに生活をするのではなく、出来る限り努力をして病院に行き治療してもらいましょう。たいていの場合、医者の方で何か積極的な働きかけをするわけではありません。医者の方も、どのような理由でうつ病になったのかや現在どのような状態なのかを知ることにより、少しずつ解決策がわかっていくものです。そこで、可能な限り病院に通うことでより明確な対策を立てることができるようになります。次に、毎月ぎりぎりで生活できるぐらいのお金をもらうことも障害年金をもらうためる理由の一つです。もし会社で働くことができればよいですが、働くことができないようなこともあるでしょう。これは単に、仕事がしたくないといった理由というよりも、会社に行くだけで発熱してしまったり、めまいや頭痛が発生したりすることもあるでしょう。このような状態が会社に行くたびに続いてしまうと、仕事ができずお金が入ってきません。そこで、必要最低限のお金でもよいので何とか獲得しようとうつ病による年金を手に入れようとします。